Chef

植竹隆政 Takamasa Uetake

1963年神奈川生まれ。高校卒業後、東京調理師専門学校で和食、中華、西洋料理を学び「バスタパスタ」の開業メンバーとして活躍。その後単身イタリアに渡り、3年間の修行の中でオリーブ油とイタリア野菜の美味しさに開眼。帰国後ピゴロッソの料理長を経て、1999年11月東京・代官山に「カノビアーノ」をオープン。その後、全国各地のレストランの料理監修なども行いながら、各地の学校などで食育の一環として教鞭にも立つ日々を精力的に送っている。直営店では2007年3月六本木ミッドタウン内に「カノビアーノ・カフェ」をオープン。日本各地の農家・生産者とコミュニケーションを図りながら本店同様に野菜本来が持っている滋味深い料理を日々提供している。